癌は医者にかからなくても自然治癒します! by安保徹


安藤先生の解説を、私流に整理いたしました。
誤っている部分もあるかと思いますが、ご一読いただけると幸いです。

 

われわれがエネルギ―を得るには、2つの系統があります。
1つは解糖系で、もう1つがミトコンドリア系です。

 

解糖系は、酸素を使わず、糖質を分解してエネルギ―をつくり出します。
ミトコンドリア系は、酸素を使って、食事で得られた糖や脂肪、たんぱく質や解糖系で生まれたピルビン酸を材料にエネルギ―をつくり出します。

 

解糖系は、細胞質において酸素を使わず低体温の環境で働きます。
ピルビン酸を経由して乳酸をつくり出す過程で、ATP(アデノシン3リン酸)を瞬時につくります。
グルコース(ブドウ糖)1分子当たり、2分子のATPが生成されます。
骨格筋(白筋)、精子、再生上皮細胞、骨髄細胞、ガン細胞など分裂の盛んな細胞は、解糖系のエネルギ―を主体に活動します。
すなわち、解糖系のエネルギーは、瞬発力と分裂に使われます。

 

ミトコンドリア系は、ミトコンドリア内で、酸素を使って高体温の環境下で働きます。
グルコース(ブドウ糖)1分子当たり、36分子(または38分子)のATPが生成されます。
解糖系の18倍(または19倍)の効率で安定的にエネルギ―をつくり出すことができます。
骨格筋(赤筋)、心筋、ニューロン(脳神経細胞)、卵子、その他の細胞は、ミトコンドリア系のエネルギ―を主体に活動します。

 

加齢とともにミトコンドリア系が主体になっていく
われわれは、この2つのエネルギ―系を使い分けているのです。
安保先生によると、子どものころは解糖系が優位で、加齢とともにミトコンドリア系中心にシフトしていきます。

 

ただし、ストレスによって交感神経の緊張が持続すると、血管が収縮して低体温になり、解糖系のエネルギ―が主体となってきます。
この環境は、低体温、低酸素、高血糖の状態です。
ガンや糖尿病になりやすい状態であるといえます。

 

したがって、糖尿病やガンを治すには、高体温、高酸素、低血糖の状態にして、ミトコンドリア系が優位になる環境をつくることにより、エネルギー生成をミトコンドリア系にシフトしていく必要があります。
すなわち、ストレスを少なくして(ストレスにうまく対処して)、副交感神経優位の状態に戻していきましょう。

 

なお、動画中、上記記述中に「解糖系」「ミトコンドリア系」という文言が登場いたしますので、これをご 説明いたします。

 

解糖系においては、細胞の中に取り込まれたグルコースは、「解糖系→クエン酸回路→電子伝達」という経路を通ることで、エネルギー(ATP)に変えられます。
0001.png
解糖系は、細胞内の細胞質と呼ばれる場所で、以下のように進んでいきます。
0002.png

「細胞質で、グルコースをピルビン酸または乳酸に変換する経路」です。
グルコースが解糖系を進行していくと、ピルビン酸までたどり着きます。
嫌気的条件下(酸素がない状態)であれば、ピルビン酸は乳酸脱水素酵素(LDH)によって乳酸になります。
一方、好気的条件下(酸素がある状態)では、ピルビン酸がミトコンドリアに入りクエン酸回路へと進んでいきます。

 

クエン酸回路の反応を担う酵素群は、ミトコンドリアの基質または内膜上に存在しています。
解糖系によって得られたピルビン酸もミトコンドリア内でアセチルCoAへ変換されます。
0003.png

ATP合成の流れ
アセチルCoAは、主にグルコース、脂肪酸、グリセロール、アミノ酸から変換されます。

ATP合成は、次の過程で合成されます。
1.糖、脂肪酸、アミノ酸からアセチルCoAを生成。
2.アセチルCoAがクエン酸経路に入る。
3.アセチルCoAはクエン酸経路で酸化されH2O、CO2になり、NADH、FADH2、GTP(ATP)を生成する。
4.NADH、FADH2、GTP(ATP)は電子伝達系に入りATPを合成する。

 

エネルギー産出の多くはミトコンドリアで行われます。
ミトコンドリアは、グリセロリン脂質の二重膜から構成されています。
また、アセチルCoAはミトコンドリア内に生成され、外へ遊離しない仕組みになっています。

 

クエン酸経路(TCAサイクル)
この経路は触媒作用をするサイクルです。
出発物質はアセチルCoAとオキサロ酢酸であり、これらの物質がクエン酸になる反応から開始されます。

クエン酸回路
0004.png

このサイクルの速度調節はクエン酸シンターゼとイソクエン酸デヒドロゲナーゼによって行われます。
クエン酸シンターゼはクエン酸、ATP、長鎖脂肪酸によって、イソクエン酸デヒドロゲナーゼはADPによってアロステリック調節を受けていいます。

 

クエン酸回路の性質

・エネルギーの生産
ATP、NADH、FADH2などを生成してエネルギーを得ることができます。

・生体成分の原料の提供
例えば、グルタミン酸やアスパラギン酸が必要になるとします。
グルタミン酸はα-ケトグルタル酸からアミノ基転移反応によって生成できます。
アスパラギン酸はオキサロ酢酸からアミノ基転移反応によって生成できます。
つまり、クエン酸経路から引き抜くことにより生体成分の原料を提供できます。

 

電子伝達系、酸化的リン酸化
クエン酸経路によって産生されたNADHやFADH2のもつ電子(水素)は電子伝達系によって酸化されます。
このとき、酸化的リン酸化が起こります。
酸化的リン酸化とは、ADPをリン酸化してATPを産生させることでです。

 

1分子のグルコースが分解されたときのATPの総生産量
・解糖系
ATPの生産量は2です。
・ミトコンドリア内
ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体の場合
ATPの総生産量は6です。
クエン酸回路の場合
グリセロリン酸シャトルを使用する場合は、ATPの総生産量は36になります。
リンゴ酸シャトルを使用する場合は、ATPの総生産量は38になります。

なお、ここでの最終生産物であるATPは、中間生成物であるNADHやFADH2を経ることによっても得られます。
1分子のNADHからは3分子のATPが生産されます。
1分子のFADH2からは2分子のATPが生産されます。
ただし、細胞質に残った2NADHを使って膜内のNADをNADHに変えるときに、グリセロリン酸シャトルを使用するかリンゴ酸シャトルを使用するかで総ATP量が違ってきます。
グリセロリン酸シャトルでは1NADHから2ATPを生成し、リンゴ酸シャトルは1NADHから3ATPを生成します。
よって、グリセロリン酸シャトルを使用するとATPの総生産量は36になり、リンゴ酸シャトルを使用するとATPの生産量は38となります。

 

f:id:hiroshi999999999:20170526010038p:plain

いずれにしても私たち現代人は、交換神経優位の状態が続きやすい環境にありますので、
体温を高めて、充分に深呼吸をし、リラックスすることにより、
免疫力をバランスよく高めることが必要です。

【ブロリコ】は、フコイダンの60倍もの免疫力を持っており、
【その抽出方法】によって国際特許を取得しております。
ブロリコの詳細を、公式ページでご確認ください ↓↓↓

関連記事一覧

 

 

ブロトピ:ブロリコ