すべての病気は「白血球」がキーワードです

人間の体は一つなのですから、一つの体の中で起こる病気に関連性がないと考えるほうがおかしいのです。

この関連性は、白血球を中心として見ていくと大変わかりやすいです。

白血球.png


白血球と病気との関係を一言で言ってしまえば、白血球が正常に機能しない・うまく動かないことから病気が発生します。

言い換えれば、白血球をいつもいい状態にしておくと、すべての病気は防げます。

白血球がうまく働かないということを、
① 活性が低い、
② 活性が悪い方向に歪んで高まりすぎている、
の2つに大別できます。

① 白血球の活性が低くて起こる病気としては、ガン、感染症、動脈硬化や糖尿病などの成人病などが挙げられます。

② 白血球が歪んで高まりすぎることによって起こる病気としては、アトピー、アレルギー、花粉症、リウマチなどが挙げられます。

① 白血球の活性が低くて起こる病気に対しては、白血球の活性を高めてやることがポイントになります。

キュウリ、ナス、ダイコンなどの淡色野菜がとても大きな効果を持っています。

② 白血球が歪んで高まりすぎることによって起こる病気に対しては、シソやショウガが非常によく効きます。


ブロリコの詳しい資料を無料で入手できます。
↓↓↓




最初の記事テーマ、「ブロリコとはなんでしょうか?」に戻ります。


ジンジャーレモンシロップ.png
覚えておきたい5つのポイント.png
3人に1人が高血圧.png
知っていますか?.png