100%医療機関に頼るのは危険 自然治癒力を発揮させる

by 新潟大学大学院医学部教授 安保徹

 

病気になると、あなたの体が悪いと言われますが…

体が悪くなるのは、まじめに頑張りすぎることが始まりの場合が多いのです。
だから、体を治すために100%医療機関に頼るのは危険です。
病気の成り立ちは、体に負担をかけることから始まっている場合が多いのです。
考え方・生活を変えて、体に負担をかけない生き方をして、自然治癒力を発揮させるのが正しい対処法です。

このような内容を含む安保先生の講演動画は大変興味深く・面白く、役に立ちます。
是非、ご視聴ください。

 

f:id:hiroshi999999999:20170530102606p:plain

自然治癒力が本来の実力を発揮すれば、重病さえ克服できます。
具体例を紹介させていただきます。

 

韓国のアンニョンピルは、現代医学に頼ることなく、体内の自然治癒力を呼び起こして重病の結核を完治した。

ユーモアと清廉潔白な性格で知られるアン・ニョンピルは、日本で教育を受けて韓国にもどったあと、英語教育家として名をなしたばかりか、自然健康法の研究者として大成した。

 

1913年、彼は、済州島のわりと裕福な家庭の三男として生まれた。
2人の兄は日本に留掌中に流行していた結核にかかった。
2人とも当時の日本で最高の医療レベルにあった東大付属病院で治療を受けたが、そのかいもなく死亡。
アン家は、2人の息子を失ったばかりか、彼らの治療費のために財産をも喪失した。

 

三男のニョンピルが日本に来たとき、彼の親にはもはや仕送りの能力は皆無。
彼は新聞配達のアルバイトをしながら勉学に励んだが、18歳のとき結核の魔の手に襲われた。
咳をして血を吐いて倒れた彼は、自分も17歳と18歳で結核で死んだ2人の兄と同じ運命にあると思った。

 

だが、彼の置かれた状況は、死んだ2人の兄とは違っていた。
兄たちは当時の先端医学と薬に頼っていたが、彼には、病院にかかることも、高額な薬を購入するお金もなかった。
そのうえアルバイトをやめねばならなかった。
絶体絶命の危機とはこのことだ。

 

そこで彼は本を読んで、結核と戦う決意を固めた。
彼は、新聞配達店の主人が饉別にくれたお金を胸に、暖かくて空気のよい熱海に引っ越した。
早寝早起きの励行。
温泉につかっての毎日の水泳。
玄米を主食に、サバやダイコンをみそやしょうゆで煮付けておかずをつくって食べた。
この規則正しい生活を数か月続けるうちに、しだいに咳が止まり、血を吐かなくなった。
死ななかったのだ。

 

当時、最先端の治療を受けた2人の兄は結核で死に、お金がなくて治療をまったく受けられず、薬を飲めなかった彼は助かった。
新鮮な空気を吸っての規則正しい生活。
これで休養ができて体力が回復に向かった。
ビタミン、食物繊維の豊富な玄米を食べることで、免疫力を高めた。
そして温泉で体を温めながら、水泳をすることで、温まった血液が全身をかけめぐった。
これで結核と戦う免疫細胞が全身に行きとどくようになった。
脳、免疫系、内分泌系の三位一体が整い、超治癒力が湧き起こった。
これを血液が全身に運び、結核を完全に退治したのである。
キャリアの体内からウイルスが消えた。
彼が結核を克服できた最大の原動力は、 超治癒力を呼び覚ました「希望」であると思われる。

 

f:id:hiroshi999999999:20170530102552p:plain

病と戦う自然治癒力を発揮させるためには、免疫力を高めることが必要です。

【ブロリコ】は、フコイダンの60倍もの免疫力を持っており、
【その抽出方法】によって国際特許を取得しております。
ブロリコの詳細を、公式ページでご確認ください ↓↓↓

関連記事一覧

 

 

ブロトピ:今日のブログ更新

この記事へのコメント

  • 所長さん

    最近、お医者様の中でもこういう考えを持ってきている方が増えてきていますね!
    権威や見栄で頭でっかちにならずに、本当に患者様の健康の事を考えるという事が主流になりつつあります。素晴らしい事ですね!
    ただ、大きく体を壊してしまっている場合は薬や手術が必要な状況もやはりありますので、変にお医者さんを敬遠するのではなく、生活はしっかりと自分でコントロールしつつ、医療機関もうまく使って健康を保つという事が大切だと思います!
    2017年06月17日 12:03

この記事へのトラックバック