すべての病気は「白血球」がキーワードです

人間の体は一つなのですから、一つの体の中で起こる病気に関連性がないと考えるほうがおかしいのです。 この関連性は、白血球を中心として見ていくと大変わかりやすいです。 白血球と病気との関係を一言で言ってしまえば、白血球が正常に機能しない・うまく動かないことから病気が発生します。 言い換えれば、白血球をいつもいい状態にしておくと、すべての病気は防げます。 白血球がうまく…

続きを読む

ブロリコとはなんでしょうか?

イマジン社が東京大学薬学部 との5年に及ぶ共同研究により、免疫力を高める免疫賦活成分を、世界で初めて発見いたしました。 それが、ブロリコです。 この成分は、ブロッコリー中から発見されました。 我々は、ブロッコリー中から発見された成分であるなら、ブロッコリーを食べれば「ブロリコ」を摂取できるのではないかと思ってしまいます。 ところが、ブロッコリーを食べた…

続きを読む

はじめてガンの原因がわかった!

by 新潟大学大学院医学部教授 安保徹   安保先生は、上記動画の終盤で次のように述べられています。 発ガンは、ストレスで悪化した内部環境に適応するために、ミトコンドリアを削るための遺伝子変異です。 発ガン物質による遺伝子異常は少数派です。 日常的に経験している発ガンは、過酷な生き方、悩みが原因です。 しかも、発ガンは遺伝子の失敗ではなく、過酷な内部環境に適応するためにミトコンドリアを…

続きを読む

100%医療機関に頼るのは危険 自然治癒力を発揮させる

by 新潟大学大学院医学部教授 安保徹   病気になると、あなたの体が悪いと言われますが… 体が悪くなるのは、まじめに頑張りすぎることが始まりの場合が多いのです。 だから、体を治すために100%医療機関に頼るのは危険です。 病気の成り立ちは、体に負担をかけることから始まっている場合が多いのです。 考え方・生活を変えて、体に負担をかけない生き方をして、自然治癒力を発揮させるのが正しい対処…

続きを読む

血圧は低ければ良いってものじゃない! 安保徹先生の警告

安保先生によれば、「血圧は低ければいいというものではない」そうです。 交感神経刺激は、血圧を上げて行うようです。 「しょっぱい物を食べなければ、迫力がでない」ともいいます。 「血圧は性格とも関係しており、高いのがよいとか低いのがよいとかいう問題ではない」ともいいます。   高齢になって健康診断を受診すれば、多くの場合「血圧が高いですね。血圧を下げる薬を出しましょう。」と、言われれます。 …

続きを読む