血圧を薬で下げる? 血圧は低ければいいというものではありません

高血圧は、脳卒中、心臓病、腎臓病などの大きな原因といわれています。
血圧自体は薬で簡単に下げられますが、高血圧の原因(加齢、塩分、肥満、運動不足)を薬で取り除くことはできません。
また、これらの原因によって様々な病気が発症します。

つまり、高血圧は重篤な病気にかかるリスクを示すサインではあります。

f:id:hiroshi999999999:20170703123349p:plain

しかし、私の敬愛する【安保徹先生」は、
「血圧は、180ないし190ないと調子が悪い。200程度ないと迫力ある講演はできません。」
と述べておりました。

高齢になって病院にいくと、多くの場合血圧降下剤の服用を勧められます。
血圧を下げれば、脳卒中、心臓病、腎臓病などのリスクを低減できると考えられるからです。

しかしながら、血圧自体は薬で簡単に下げられますが、高血圧の原因(加齢、塩分、肥満、運動不足)を薬で取り除くことはできないわけです。

高血圧の方にとっては、"免疫力を高めること"が病気の予防・改善にとても重要なのです。

f:id:hiroshi999999999:20170530102552p:plain

ブロリコは、東京大学とイマジン・グローバル・ケア社が共同で特許を取得したブロッコリーの新成分です。
ブロリコが、人の免疫力を大きく高めることが実証され、免疫学の世界的権威や医療業界から注目されています。

【ブロリコ】は、フコイダンの60倍もの免疫力を持っており、
【その抽出方法】によって国際特許を取得しております。
ブロリコの詳細を、公式ページでご確認ください ↓↓↓

関連記事一覧