免疫力をあげるのに無理は禁物です!

2017/06/21 23:54
by 新潟大学大学院医学部教授 安保徹   我々は多細胞生物であり、単細胞を特殊化しております。 この特殊化により、我々の個々の細胞は免疫機能を失っております。 多細胞生物は、単細胞生物時代のアメーバー様の細胞を特殊化せずに残し、全身に分布させることにより、免疫機能を得ております。 我々脊椎動物は、従来1種類であった免疫細胞(マクロファージ)から、顆粒球とリンパ球を分化させました。 なお、顆粒球は細菌や古くなった細胞の死骸など、サイズの大きな異物を食べて処理しま..

続きを読む

自然免疫とは?

2017/05/09 06:11
免疫とは、生物が病原菌などの外的から身を守る仕組みをいいます。 免疫には、「自然免疫」と「獲得免疫」の 2 種類があります。 自然免疫とは、体内に侵入した病原体や、自分の体とは異物と 判断したものを、相手を特定せずに排除する仕組みです。 獲得免疫は、自分の体内に侵入した病原体などを覚えていて、それを特異的に攻撃するものです。 例えば、無毒化した病原体であるワクチンを注射することで、人体はその病原体がもう一度体内に侵入した際に、その病原体を排除す..

続きを読む

ブロリコとはなんでしょうか?

2017/05/09 06:11
イマジン社が東京大学薬学部 との5年に及ぶ共同研究により、免疫力を高める免疫賦活成分を、世界で初めて発見いたしました。 それが、ブロリコです。 この成分は、ブロッコリー中から発見されました。 我々は、ブロッコリー中から発見された成分であるなら、ブロッコリーを食べれば「ブロリコ」を摂取できるのではないかと思ってしまいます。 ところが、ブロッコリーを食べただけでは、ブロリコを十分に摂取することが不可能であることも判明しております。 ..

続きを読む

試験参加者の体感

2017/05/09 06:10
試験に参加した人たちからは、 a)風邪の諸症状が緩和された(喉の痛みが軽減した、発熱が 抑えられた等)、 b)口内炎や湿疹、にきびの治りが早くなった、 c)体調が改善された(けだるさや 疲労感が治まった等)、 などの体感が伝えられているようです。 ブロリコの詳しい資料を無料で入手できます。 ↓↓↓ 次記事のテーマは、「自然免疫とは?」です。

続きを読む

臨床試験によるエビデンスの確立

2017/05/09 06:10
ブロリコについて、カイコを使ったこれまでの実験結果に基づき、人での臨床試験を行っております。 内容は、対象者に 2011年2月から3月にかけて、約1ヶ月間ブロリコを摂取してもらい、その前後で血液検査により好中球とNK(ナチュラル・キラー)細胞の活性を測定するというものです。 好中球は、体内に侵入した病原体などを捕食します。 NK細胞は、ウィルスに感染した 細胞などを殺します。 実際、人の体内では毎日、数百から数千の異常細胞が発生している..

続きを読む

ブロリコはβーグルカンよりも高い活性を示します

2017/05/09 06:09
アガリクス、ハナビラタケなどに含まれる免疫活性に効果があるといわれている成分をβ-グルカンといいます。 ブロリコから不純物を取り除き、純度を高めたところ、β-グルカンと比べて約50倍の活性があることがわかりました。 また、同様にβ- グルカンを使用した医薬品である抗悪性腫瘍剤と比較しても、ブロリコは約 2.6 倍の活性を示しました。 ブロリコの詳しい資料を無料で入手できます。 ↓↓↓ 次記事のテーマは、「臨床試験によるエビデン..

続きを読む

自然免疫を高める新成分「ブロリコ」の発見

2017/05/09 06:09
新しい自然免疫の活性度を測定する方法により、 野菜や果物、きのこ類や海藻類など、 数十品目を調べることにより、 従来、自然免疫を高めると言われているアガリクスやメカブフコイダンよりも 高い活性を持つものが見つかりました。 それが、ブロッコリーから抽出した成分「ブロリコ」 です。 ブロリコを菌やウィルスに感染したカイコに投与したところ、薬剤と同じように延命効果が見られました。 東京大学の調べによれば、ブロリコは、これまで世界的に発見されて..

続きを読む

自然免疫の新しい活性測定法

2017/05/09 06:09
東京大学医学部は、 自然免疫を活性化する物質をカイコに注射すると、 カイコの筋肉がゆっくりと縮むことを発見しました。 (2008 年、国際学術誌に発表 ※図 1) カイコの免疫細胞に活性化物質が結合すると活性酸素が放出され、ある蛋白が活性化、筋肉を麻痺させ、収縮させます。 免疫細胞の活性度が高いほど、筋肉の収縮度合いが大きくなります。 この発見により、カイコの筋肉に様々な物質を注射することで、自然免疫を活性させる作用がある物質とその度合..

続きを読む